男性の更年期がある?主な3つの特徴

男性にも更年期があるってしっていますか?女性だけだと思われがちですが実は男性にも更年期はあります。そして主に男性の更年期障害の症状は、大きく次の3つに分けられます。

からだの変化

e5ff2ab251e1c8786ecf136940c6b9e9_s

体力がなくなり粘りが効かない、全身倦怠感、関節痛、筋肉痛、ほてり、発汗、寝汗、髪の毛が薄くなるなど。

年齢的に体重が増えて、生活習慣病を起こしやすくなります。

遠距離通勤、深夜帰宅、外食、喫煙、アルコール、このような日々が続くと、ビタミン不足になり更年期の症状を重くします。

健康維持するには、睡眠不足や過労をさけ、食事内容に気をつけることが大切です。

こころの不調

うつ症状、自信喪失、不安、恐れ、不眠、人生の目的の喪失感、孤独感、集中力の欠如など。
男性更年期は、うつ症状が非常に多く見られるのが特徴です。

イライラや憂うつのほかにも、職場での孤立、評価されないといった「気分の障害」に陥りやすくなります。

男性の更年期の自殺率は女性の3倍と言われていますが、その背景には男性は女性のように人にき

やすく悩みを打ち明けず、1人で抱え込む傾向が多いことがあげられます。

それがうつを助長します。

また自分がうつであることに気がつかないことも問題です

そのため専門家の治療を受けていない人が多く、病気の悪化や長期化をまねくケースが増えています。

家族が変化に気づいて理解してあげることが大切です。

最近怒りっぽくなった、身だしなみを整えなくなった、性欲・食欲が落ちた、やる気がなさそうなのは更年期のせいかもしれません。

そんな時心配のあまり「しっかりしてよ」と言う言葉は逆効果です。

つらさを理解して、家庭ではゆっくり休ませてあげましょう。

性的な変化

性欲の減退、勃起障害など。

男性と女性の大きな違いは、女性の更年期が急激な女性ホルモンの低下による身体面の変調からはじまり、精神面の変調へと進んでいくのに対し、男性の場合はうつなどの精神面の変調からはじまり、身体面の変調へとすすんでいくことです。

憂うつや不安といった「気分の障害」は同時に性欲減退や勃起障害などの症状をともなうことが多く、このような性機能の低下が、生活意欲の減退や自信喪失、憂うつ感を深めるという悪循環を生み出します。

男性の場合は、性欲減退が更年期のひとつのサインになることもあります。

まずは、泌尿器科などの専門医に相談し、その不調が病気からくるものなのか、ストレスや男性

ホルモンの減少からくるものなのかを、きちんと診断してもらうことが大事です

また性機能を守るためには生活習慣病(動脈硬化、高血圧症、糖尿病など)を予防する食事を心がけます。

ウォーキングなどの有酸素運動も自律神経を整え、性ホルモンの分泌を促します。