更年期の女性に必須!女性ホルモンを増やす食事方法とは

女性ホルモンを増やしていくことで、身体は健康的になっていきます。

身体の中から健康に若がえるためには、食べ物で女性ホルモンをうまくコントロールすることが必要です。

女性ホルモンに似た大豆イソフラボンは豆類に多く含まれています。そのためうまく毎日の食事に取り入れることが必要です。

食べ物で女性ホルモンをうまくコントロールする

ac916be46f9a1ea22792275fd794e4d0_s

更年期など老化を防ぐためには煎茶などに含まれるビタミンEを摂取することが必要です。

ほかにもアーモンドやモロヘイヤ、カボチャ、アボカド、大根の葉などに多く含まれる成分です。

ビタミンEは血流をよくすることで知られていいて、老化を防ぐビタミンといわれています。

ビタミンB6の効果は神経伝達物質に

女性ホルモンを増やすためには、魚でも赤みの魚、マグロなどをたくさん食べるようにしましょう。

マグロの赤身にはビタミンB6が多く含まれ、女性ホルモンの代謝に役立ちます。ビタミンB6は神経伝達物質を生成するときに使われるビタミンで、脳から卵巣に女性ホルモンを分泌する場合に使われるビタミンです。

脳からの伝達がなければ女性ホルモンの分泌はありません。

また、ビタミンB6は果物ではバナナに多く含まれています。繊維質などを多く含みますので健康効果も大きくなります。

女性ホルモンはコレステロールを材料につくられます。玉子など非常に良質なコレステロールを多く含んでいます。朝食なども女性ホルモンを意識した材料でつくると効果的になります。

お味噌には大豆イソフラボンが含まれています

大豆製品の味噌を使ったお味噌汁はできれば昼食にも摂るようにしましょう。
お味噌には大豆イソフラボンが含まれています。定食を食べるようにすることで女性ホルモンのサポートもできるということです。

ビタミンEを摂取するのであれば、アーモンドをいつも常備しておくと女性ホルモンを活性化できます。ほかにもカボチャにもビタミンEが多く含まれています。ビタミンEの働きとしては、脳下垂体や卵巣に働きかけることで、ホルモンの分泌をコントロールする働きがあります。

ビタミンE不足してくると、老化の原因の活性酸素が増えててしまい、肌トラブルや生活習慣病などをまねくことが多いです。

質のいい血液をつくっていくことも大切

女性ホルモンをつくるためには、たんぱく質やビタミンなど栄養素をしっかりと卵巣に運ぶことが重要になってきます。

そのため、質のいい血液をつくっていくことも大切なのです。質のいい血液を作るためにはたんぱく質、ビタミン、そして鉄分の存在も忘れてはならないでしょう。

鉄分はホウレンソウなどにも含まれていますが、体内に吸収するためには、動物性の肉や魚に含まれるヘム鉄を接種する方が効果的です。

また、女性ホルモンを活性化させるには、キャベツに含まれているボロンという成分が効果的です。

ボロンの働きはバストアップ効果も期待できる成分です。加熱することで成分は減少してしまいますので、できれば生で食べることがおすすめです。