女性の更年期の頭痛は早く改善させよう

更年期障害の中でも、つらい症状として頭痛があります。

更年期の時期に頭痛が起きる原因としては、エストロゲンの減少により、自律神経に乱れが起こり、その結果、脳への血流の変化が起きることが原因とされています。

頭痛が起きてしまうと、普段の生活の中で、行動をすることができなくなるので、早めに対処をすることが大切となります。

の対処方法について、まとめてみました。

リラックスをする

ab5b29e1185c9b362926d30482f910e7_s

自宅にいる場合は、体を横にするなど、リラックスすることが大切です。リラックスをすることによって、脳の血流をよくすることが出来るからです。

またイライラしたりすると、余計に頭痛がひどくなることとなりますので、リラックスができる環境つくりをするようにしましょう。

静かで暗い部屋で安静にする

音がある環境であると、その刺激によって、より頭痛がひどくなるということがあります。

そのため、出来るだけ、静かな環境に移動をするようにしましょう。

また少しでも刺激をなくすことができるように、暗い部屋にすることも有効です。

肩こりや首こりを治す

頭痛の原因の一つとして、肩こりが首こりがあることによって、より誘発をされやすいということがあります。

そのため、それらを緩和することが大事です。

体を温める

体を温めることも、有効な対処方法となります。

その一つに、体を温かくすることができるように、衣服を調節します。

また、体を温めることができる食品を取ることも大切です。

しょうが等は、その効果を期待することができます。

そして食べ方も工夫をするようにしましょう。

冷たいものを食べることによって、余計に誘発されることがあるからです。

野菜等は温野菜にするなど、調理方法を工夫しましょう。

ホルモン補充療法

頭痛を起こしたことがないという人や、更年期障害によって、頭痛が起きているという人は、ホルモン補充療法をすることによって、その頭痛を緩和させることができます。

怖い頭痛のまとめ

頭痛が更年期障害の症状として起きている場合は、そのまま様子を見たり、対処をすることができますが、その他の症状がある場合は、注意が必要です。

その他の症状としては、呂律が回らない、痺れる、顔がゆがむなどです。

これらがある場合は、別の病気を考える必要があります。

頭痛がある時に、更年期障害とひとまとめにすることは、とても危険です。

これらは違う病気であるので、速やかに病院を受診することが必要となります。

その事を理解した上で、頭痛と付き合っていくことが大切です。