更年期障害にオススメの3種類の漢方とは?

更年期障害はなるべく初期の段階でできるだけ早めの予防などが大切になってきます。

そこで更年期障害の予防や対策によく使われているのが、漢方です。

ホルモン療法や薬などもありますが、副作用などを考えると怖いという人も多いです。そこでここでは更年期障害にオススメの漢方トについて解説していきます。

更年期にオススメの漢方!

f622a2be4a04cb9d7c341c15b4ed52e1_s

漢方の分野では更年期障害は3つの種類に分けられます。それは虚症・中間症・実症という3つの種類です。

虚症は主に冷性などを伴いむくみやすい人に多い症状。腰痛・体力低下・頭痛・貧血などといった症状が多くみられます。

これらの症状に効果があるのは、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)という漢方です。

また、中間症は精神面に影響がでやすいタイプでイライラや不安感などをともなっています。頭痛やめまい、貧血、食欲不振など症状がみられることが多いです。

この中間症には加味逍遥散(かみしょうようさん)が効果が得られます。

顔のほてりやのぼせがよくみられる症状では、肩こりや便秘、腰痛、冷え、月経痛を伴う場合が多いです。

これらに効果がある漢方としては、桂枝茯苓丸(けいしぶくしりょうがん)です。

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)はイライラに効果のある漢方です。

心の悲しみや不安感、怒りなどを抑えてくれます。のぼせやほてりなども改善しますので症状緩和のためにおすすめします。

六君子湯(りっくんしとう)もイライラをしずめてくれますが、イライラのために弱った胃腸を健康にもどしてくれます。体調を改善することで精神的にも安定してきます。

加味逍遥散(かみしょうようさん)は更年期障害だけではなく、生理痛や生理不順などにも効果がある漢方です。身体を温めることで、代謝機能アップさせます。自律神経を整えることでイライラを改善します。

まとめ

漢方薬は副作用も少なく長期間の服用が可能なため、更年期障害のつらい症状や精神的な苦痛等を改善することができます。

これらの症状は肉体的、精神的にもよりますが、その不調のタイプや症状も様々で個人差があります。

「医食同源」の言葉の通り漢方薬の力だけに頼るのではなく、同時に毎日規則正しい食生活や日常生活を送ることも症状緩和に不可欠です。また漢方が苦手だという人であれば、サプリメントなどを活用するのもいいでしょう。

>>更年期サプリでつらい症状を改善!徹底比較サイト

これらの3種類の漢方薬以外にも症状緩和や改善が期待できる漢方薬はありますので、諦めずつらい更年期を少しでも楽しい毎日にしましょう。